インド大仏
ホーム 上へ 交通のご案内 お問い合わせ先 大乗教の沿革 杉山辰子教祖 教祖聖地臥龍山 総本山散策 大乗教インド別院 Buddhist Temple 書籍のご案内 月刊誌 百周年記念事業 大乗教青年部 国際ボランティア会 モバイル 2018年行事案内 リンク 被災地支援

 

インド大仏開眼式典

 

 大乗教インド大仏は、1989年11月18日に建立されました。開眼式にはチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世もご臨席になり、インド史上はじめて建立された高さ25mの大仏の誕生を祝福されました。現在、聖地ブッダガヤにおいては世界遺産マハボディ・テンプルに継ぐ、シンボルとして世界各国からの巡礼者に親しまれ、参拝の列は途切れることがありません。地元の方々は”80フィート(25m)大仏”という愛称で呼んでいます。

 大乗教は合言葉:「世界に仏陀の光を」のもと、7年の歳月をかけ、延べ12万人の石工を動員してこの大仏を建立しました。大事業を推し進めることができた最大の原動力は、聖地ブッダガヤを起点とした仏教のさらなる発展と世界平和実現を願う人々の純粋な心であったことを我々は忘れないでしょう。

参拝時間:7時―12時、12時―18時(冬季は17時30分まで)。

建立までの経緯、開眼法要の様子などを詳しくお知りになりたい方は、こちらをクリックして下さい。

現在のインド大仏の様子(VIDEO) クリックしてください

大乗教インド大仏除幕の瞬間(VIDEO)−クリックしてください