インド大仏開眼式典
ホーム 上へ 交通のご案内 お問い合わせ先 大乗教の沿革 杉山辰子教祖 教祖聖地臥龍山 総本山散策 大乗教インド別院 Buddhist Temple 書籍のご案内 月刊誌 百周年記念事業 大乗教青年部 国際ボランティア会 モバイル 2018年行事案内 リンク 被災地支援

 

kinen.jpg (150060 バイト)写真をクリックして下さい

<インド大仏開眼式典-1989年11月>

 

大乗教インド大仏除幕の瞬間−ビデオをご覧下さい。

shouire1.jpg (26332 バイト)  

<チベットの大僧正ダライ・ラマ14世による大仏性入れの儀式が営まれた>

チベット人から一般にイーシールノウ(観音)と尊称されるダライ・ラマは、その言葉通り代 々、観音菩薩の化身とされ、現在は第14代目にあたる。

 かねてより大乗教は、ダライ・ラマ14世をチベット宗教界の最高責任者としてのみならず世界の精神的指導者の一人としてインド大仏開眼法要に招請を願い、法要の第一日目の序幕を前に一時間半にわたって性入れ読経を厳修していただいた。

 1989年度のノーベル平和賞を受賞されたが、その他にも平和勲章(モンゴル)、自由人権財団賞(スイス)、アメリカ議会人権賞など、その平和運動を認められて幾つもの賞を受けており、世界平和を祈念して建立されたインド大仏に最も相応しい人物といえよう。

 

speech1.jpg (18290 バイト)

<開眼式典でのダライ・ラマ14世>